News

Alfa Romeo Giulia Quadrifoglio V6 2.9L Bi-Turbo stage3チューニングのご案内

From now on we offer performance upgrades for the „Alfa Romeo Giulia Quadrifoglio 952“ from Stage 1 to Stage 3. The Italian luxury sedan, with the 2.9-liter twin-turbo V6 from Ferrari (510 hp), thus undergoes an increase in output of up to 170 hp and 250 Nm in Stage 3. This will need upgraded turbochargers “mc700” and the appropriate downpipe, as well as the software from mcchip-dkr. So the fastest sedan on the Nürburgring will be even more powerful! If you think that these performance figures are a bit too lush, you may like the pure Stage 1 software optimization (+70 hp / 150 Nm), or the mid-range version with software update and Downpipe (+100 hp / 200 Nm). Further information can be found in our chiptuning database.

アルファロメオ ジュリア クワドリフォリオ用のstage1〜stage3チューニングメニューをリリースいたしました。イタリアのラグジュアリーセダンにはフェラーリ製2.9Lツインターボ(510ps)エンジンが搭載されstage3チューニングでは+170ps / +250Nmのパフォーマンスアップが可能です。このメニューにはmcchip-dkr社が手がけるアップグレードターボチャージャー「mc700」とエキゾーストダウンパイプ、専用ソフトウェアの書き換えが含まれます。stage1チューニングではソフトウェアのみの書き換えにより+70ps / +150Nm、stage2チューニングではエキゾーストダウンパイプ交換を追加することで+100ps / +200Nmのパワーアップとなります。

詳細データはアプリケーションリストをご覧ください。

 

PAGETOP